大解放、フランス旅行 ①

こんにちはにゃ

心地よさを発見 デザインする

フラワーエッセンスセラピー

Flower Piece  伊藤有香子です

いつも いいねやペタ

コメントや読者登録

本当にありがとうございます

 

 

大変ご無沙汰をしていました

 

少し長い休暇を取っていました

 

その間、お問い合わせの返事など

 

ご不便にお付き合いくださった皆様

 

心から感謝いたしますキラキラ

 

 

 

6月3日から10日までの間

 

本当に久しぶりの海外旅行へ行ってきました

 

 

いえ、人の旅行記なんて

 

興味ないと思うのですが

 

記録しておかないと忘れちゃいそうなので

 

ちょっとだけ纏めさせて貰って音譜

 

 

フランスに行ったことがある方は

 

ちょっとでも懐かしめ、

 

行ったことがない方は

 

行ってみようかな、と思うような

 

写真があったらいいな〜と思いますアップ

 

 

写真からのエネルギーに自信有りクラッカー

 

Facebookではリアルタイムに発信できたので

 

一緒に旅をするようにコメントをくださった方

 

いいねをしてくださった方

 

ありがとうございました!!

 

本当に、自分を解放できる楽しい旅でしたドキドキ

 

 

 

 

初日は シャルトル大聖堂からスタート

 

前日にパリに一泊し、朝から数時間のバスの旅

 

{7364BF68-69EA-404F-9AF1-FAF60CAAA3D7}

 

見事な晴れ間に荘厳なその外観は

 

見えてきた時に本当にワクワクしました

 

 

{3E540329-A0FA-4B0D-9849-DD5B02FEB4E3}

 

 

このアングルが好きですドキドキ

 

{1B03F90C-0894-4036-BD60-05EE1355F0B6}

 

 

シャルトルブルーと言われるこの青いステンドグラスは

 

ため息が出るような美しさで、そこから

 

厳かな光が差し込んでいましたキラキラ

 

 

ランチを取り向かったのは

 

シャンボール城

 

絵画のような雲をたたえたこの外観

 

荘厳て、こういう時に使うのねと

 

ここからの景色をしばらく眺めていました

 

 

{C5C2EE0E-3FFF-409B-BD54-B95822D0A754}

 

 

 

 

{D0E6A4D9-684D-4673-ACF6-FB268CB38C18}

 

 

ヴォールト天井に圧倒され

 

 

{E8F32C3D-E86E-4F55-82E8-1ECB698AE91A}

 

 

 

中央にある二重らせん階段の美しさに

 

ただただ、ジーンとしてしまいました目

 

レオナルドダ・ヴィンチの設計なのだそう

 

 

 

{5BE7C1D4-E8D3-4EB1-853C-2D911E0F0214}

 

 

 

そのあといくつかの古城を巡り、

 

ダ・ヴィンチのお墓がある

 

アンボワーズ城へ

 

中まで入ることは出来ませんでしたが

 

個人的には豪華な馬舎があるというので

 

それが見たかったなー。

 

 

 

 

 

{0E6326F2-9316-48C8-A40C-141A2714200B}

 

 

 

レオナルドダヴィンチ像がありましたよ

 

このポーズ・・・えっ

 

 

2日目は

 

私としてはメインのイベント

 

モンサンミッシェルへアップ

 

夕景が見たかったので、

 

モンサンミッシェル1泊は必須条件でしたドキドキ

 

テレビでよく見ていた

 

この光景

 

この風景

 

飛び上がるほど嬉しかったです音譜

 

 

 

{E41A05BA-8F94-41DB-AF0E-EA2FBDED79FC}

 

 

ラピュタのような

 

カリオストロのような

 

とりあえず 現実ではないような

 

そんな心地でした目

 

 

 

 

{21C5B461-6405-4B5D-A3D4-7C27EE82AF32}

 

 

 

中に入るとそこは・・・

 

アトラクションのような混雑ぶりで

 

ディズニーランドか

 

ユニバーサルスタジオか

 

まだ日本なんじゃないかと思う程汗

 

それはそうですよねー。

 

 

 

 

{A70E893E-FBF2-4F60-8A54-8D4B97335893}

 

 

礼拝堂でのちょっといいショットでした。

 

 

その夜夕景を撮りに出かけたのですが

 

まさかの豪雨で綺麗な写真は撮ることができずあせる

 

 

楽しい思い出にはなったけれど

 

今度は晴れた日に、

 

また再訪したいと思いっていますにひひ

 

 

 

そして よく晴れた翌日

 

一路 ベルサイユへ

 

この移動がバスで4時間以上

 

移動・移動の旅でしたあせる

 

 

 

 

{1FA3B38C-9720-4AFE-8E4F-2285B848F0FA}

 

 

 

 

団体の入場待ちで1時間近く待ち

 

やっと入場できたものの

 

こちらも本当に混雑していて

 

駆け抜けたような忙しさでしたが

 

豪華絢爛な宮殿内、

 

誰もが知る歴史上の人物に思いを馳せました

 

 

 

{2B6E901D-C4E5-4897-8CDD-320F9E09C18D}

 

 

 

朝起きて夜眠るまで

 

全てが儀式だったというガイドさんのお話に

 

色々な想いが浮上しました

 

 

 

{41D168D3-CDF2-43D9-8B7B-A14BDE2A5B4B}

 

 

美しく豪華な鏡の間

 

この場所に自分が立っているのが

 

なんだか不思議で

 

おとぎ話の中にいるようでしたキラキラ

 

 

 

 

 

その②へ 続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です