我慢できないあなたに、平和をもたらすエッセンス

東京の雪予報は外れて

センター試験に臨む受験生さんや

そのご家族は

ホッとされているのではないでしょうか

私の周囲もちょうどその年頃の

お子さんを持つ親御さんが多いので

影響がないように祈っておりました

ここ数日は

年末にやりきれなかったことに

手をつけています

事務作業の合間に

ふと思い立って

今日のテーマエッセンスを飲もう

と、花カードから

一本を選びました

選ばれたのは

インパチェンス

他人のペースが遅く感じて

せかせかと不寛容になっているとき

他人だけでなく

自分自身への苛立ちを

個々のペースを許し

人生は適切なスピードで開花している

そんな寛容さを養ってくれるエッセンス

インパチェンスは

ラテン語で

「我慢できない」

という意味があって

せっかちな私は自分でも選んで飲むけれど

たまに引いてみると

こんな風にカードでも出てきます・・・

どれだけ我慢が足りないのでしょうか

まさにせかせかと動いていて

細かい作業に若干イラついてきた

*私は大雑把

そんなときに一息

気分転換にカードを選んでみたら

これが出てきたという

おもしろさ

ここで一気に冷却

そしてスッキリ

フラワーエッセンスは

カードでも選べるんですよ

バッチフラワーエッセンスには

タイプレメディとされる

12種類のエッセンスがあります

持って生まれた資質を

表すとされるこの12種類に

インパチェンスは入っています

そして、バッチ博士自身の

タイプレメディも

インパチェンスタイプであったのでは?

と言われる記述が結構あります

人が話し終わる前に

被せるように話したり

書類をひったくるように

受け取ったり

そんな様子があったという

バッチ博士

これだけ聞くと

ただの嫌な奴ですが

明晰な頭脳と探究心

尋常ではない行動力とスピードで

ポジティブに生かされた

能力が存分にある事も明白

癌という病で余命を意識し

限られた時間を

どれだけ有効に過ごすのか

この人生で

どう使命を果たすのか?
 

いつも

意識していたのではないでしょうか

私はそういう生き方をする人に

感動し、感銘を受けます

なんて言ってたら 

自分も癌になり

そんな立場になってしまいました 笑

そんな生き方をしたいという 

願いが叶ったのかな、と思います

私もそういう捉え方をして

誰かにとっての勇気になったり

感動を与えられる人になろう

そんな崇高な決意をしつつ

時々イライラして

インパチェンスを飲んでます

タイプレメディ論はメーカー間で

ある・ない 論争がありますが

どっちが正解かは

あまり問題でなくて

自分を考察し

客観的に見ていく助けになると思うので

講座にはこれを取り入れています

実際に人生の中で

どんどん自分は変化していき

成長していくから

これだと思ったタイプも

どんどん変化します

私のエッセンス仲間も

「今はコレだと思っている」

なんて話し合います

現在のプロデューサーの

ジュリアン氏ですら

自分のタイプは

未だわからないといいます

そんなものなので

「正解はコレですよ」と

示すことはないのですが

一緒に考えることが

癒しになったり、成長になったりします

答えが出なくても

自分を知る作業はとても楽しいですよね

短気でせっかち

スローな人にイライラする

江戸っ子ジジイ気質のアナタ

インパチェンスは

「あせらずゆっくり」と

伝えてくれます

イライラは

痛みを伴いますから

フラワーエッセンスで

どんどん流しましょう

我慢できないアナタに

平和をもたらしてくれますよ^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です